さきぞう

TENDAI SHOMYO天台声明を聴く会

天台声明を聴く会
天台声明を聴く会
佛教音楽である声明は、世界に通じる素晴しい文化であり音楽であることを、
中学の恩師である天納縛中先生がヨーロッパの都市から招集された
声明公演のCDやテープを聴きながら教えていただきました。
京都市コンサートホールのこけら落としに、
声明とグレゴリア聖歌隊との共演があり、この際には声明の凄さを思い知らされました。

また、比叡山延暦寺では、声明と北ヨーロッパのヨイクとの共演があり、
声明が世界に共通する文化であり、日本国の誇れる音楽であることを確認しました。

日本の凄い文化と音楽を是非ともみなさんにお伝えすることが本会の目的であり、 「天台声明を聴く会」を天納縛中先生のもと1987年(昭和62年)4月発足しました。 天台声明を聴く会 代表 田村佐起三

新着情報

News
2018.10.2
台風21号被害復旧祈願喜捨目録をお渡ししました
ご喜捨のみなさまには個別に御礼状と領収書及びお供物を頂戴いたしました。
後日みなさまにお届けいたします。

2018.10.1
鞍馬寺台風21号被害復旧祈願ご喜捨目録ができあがりました
みなさまには迅速にご喜捨頂きましてありがとうございました。鞍馬寺信楽香爾様も心底より感謝されています。

2018.9.13
鞍馬寺被害にご喜捨を募ります
台風21号の影響で鞍馬寺の参道や本堂への参拝路の崩壊や倒木があり、天台声明を聴く会の鞍馬寺さんが大変苦慮されております。